サーバー用のケース

サーバーを新調するにあたって、見た目や使い勝手もサーバーらしくしたかった。サーバーと言ったら前面からHDDを入れ替えできないと。あと、各HDDごとにアクセスランプが付いててチカチカしてるやつ。パーツで実現できないかと探したらあった。

このケースは、5インチベイを3スロット使用して、4台の3.5インチHDDを収納することができる。

あとはこれに合うケースを探せば良いのだが…ここで衝撃の事実。

今、フロント5インチベイがたくさんあるケースってほとんど売ってないの!なんでだよ!

今のケースのフロント部分は、ファンを設けて冷却性能を強化したり、水冷のラジエーターのスペースにするのがトレンドらしい。

今までケースはどうしてたかというと、Nine Hundredを使ってた。でもホコリを吸うのと、裏配線ができないのが辛かった。

ネットを探し回って、条件に合うのが汐見板金のAX2と、他に1つぐらいしかなかったので、今回は思い切ってAX2にしてみた。

AX2は筐体の色や、側面や天面の開口、キャスターの有無などを指定できる。ケースのBTOといったところか。選択したオプションは下記の通り。合計67,100円。

  • カラー:ミリタリーグリーン
  • 天板開口あり、側板開口なし
  • ボトムフィルターユニットあり
  • 付属ファン:前面120mm、背面120mm
  • サイド増設パネル:1枚
  • ブランクパネル:スリットなし
  • USB:左 Type-C、右 Type-A
  • ドライブ取付金具:3.5インチ用あり、2.5インチ用あり
  • 筐体足タイプ:キャスター+アジャスター
  • キャッチ仕様:スチールキャッチ
  • 固定ネジタイプ:手回しローレット強化仕様
カラーはミリタリーグリーンを選択。かなり落ち着いた色。
オレンジとか目立つ色にしても良かったかも

市販のケースに比べ、全体的に大きめ。その分、内部のスペースがかなり余裕がある。

マザーボードのベースが外れて組み立てしやすいようになってる。
ブレードサーバーっぽくてちょっとワクワクするね。

キャスターは、組み立て中からかなり役に立ってた。向きを変えたいときに自分が動かなくて済むのは楽。

他のケースには無い工夫が色々あって楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません