念願の一眼

かれこれ5年以上前から構想はあったんだけど、高くてなかなか買う気がしなかったモノをついに手に入れた。社会人パワーですね。

本体はニコンのD5200。機能と価格から見て丁度期待してたポジションの機種だったので。

ボディーのみでも良かったんだけど、ボディー単体と18-55 VRキットの相場がそれほど離れてなくて、お得感があったからキットを購入した。

キット付属のレンズの正式名は、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR。長っ。

こんな感じ。

買ってすぐに物足りない感じがしたからレンズも追加で買った。これまでモノを撮影することが多かったから、マクロ系のレンズが適してるだろうと思って選んだのがこれ。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM。やっぱり長い。覚えられない><

ズームなんだけど、マクロらしい。最短被写体距離は35cmまでいける。マクロレンズにしてはちょっと長めだけど、色々使えそう。

室内とかそれほど明るくない所で撮ることが多そうだから、手ブレ補正付きのを選んだ。SIGMAの手ぶれ補正の実装はOSって呼ぶらしい。

このレンズ、電源が切れてる状態だと下の方にレンズがズレてて、レンズに電力が供給されると正しい位置に上がってくる。説明書によると、これがOSの仕様らしい。この状態を維持するためか、パワーオフになる時間が、ノーマル設定で18-55 VRだと約8秒のところが、このレンズ付けると1分ぐらいに延長されちゃう。消費電力的にどうなんだろう。

重さは18-55 VRと比べると重い。というか18-55 VRがやたら軽いんだろうけど。下向きで撮影すると、重みでレンズが伸びる時があるので注意が必要。

Twitterや過去記事からの再掲が多くなるけど、接写で色々撮ってみるとこんな感じ。

最近投稿した写真の性質が変わったと感じている方がもしいたら、鋭いよ。

※一部、切り出したり、暗くて後から補正してる写真もあります

今まで、コンパクトデジカメと携帯がメインだったけど、やっぱりマニュアルにできたりシャッターの手応えがすると、写真を撮ってる感覚が出ていいね。色々パラメータいじくって、綺麗な写真が取れるよう頑張ってみる。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません